TORM

高校生のマルチジャンルなプロジェクト

【必見】ハチャメチャに胡散臭い?オ○禁のすすめ

◯オ○禁による効果やコツを紹介!

 

紳士淑女の諸君ごきげんよう!

本記事を担当させていただくCy(サイ)だ。

 

今回禁欲(オ○禁)についての記事を書いていきたいと思う!

 

 

(ちょっと始めは僅かにぼかして書かせてもらうが、どうせ後の方まで読むのは紳士な諸君だけだと思うのでダイレクトな表現となっている!)

 

 

巷ではさまざまなメリットやデメリットが書かれているハチャメチャに胡散臭い禁欲について解説しよう。

 

 

f:id:TORM1104:20191123115719j:plain

 

 

1.オ○禁とは何か

 

f:id:TORM1104:20191123115736j:plain

ネットサーフィンをしてると割とよく見かけるであろうこの言葉、オ○禁

 

字面から予想はつくだろうが要は自慰行為を抑えることである。

 

海外ではnofapとも呼ばれ、オ○禁専用のポルノや自慰行為断ちサポートのサイトもある。

 

私Cy自身も断続的ではあるがメリットがあると思っているから3年くらい続けている。

 

海外の人たちも含めさまざまな人がオ○禁に魅力される理由とは何なのだろうか?

それについて次の項目でガッツリと説明していきたいと思う!

 

 

2.一般的に言われてる効果とその真相

 

f:id:TORM1104:20191123115818j:plain

⑴一般的な効果

 

ネットや雑誌などで一般的に言われてる効果は

 

  • 肌がキレイになる
  • 抜け毛が減る
  • 筋肉がつきやすくなる
  • 頭の回転が速くなる
  • モテるようになる
  • 運がよくなる
  • やる気が出てくる
  • イケメンになる(美人になる)
  • 社交性が上がる
  • 二重になる
  • 髪がさらさらになる
  • 感情豊かになる

 

このうち効果があったと感じられたものは赤色

で、わずかにあった気がすると感じられるものは青色で書いた。

 

上記の効果の中でも身体的な変化は大分感じられた。

特に禁欲するとテストステロン(男性ホルモン)が増えるため筋肉がつきやすくなった。

 

社交性が上がるというものも見た目が良くなったことに対する自信から現れる副次的なもの

だと思う。

 

オ○禁単独の効果によって我々にプラスの影響が与えられるというよりは

 

オ○禁中に代替して行う行為によってさまざまな効果が現れると思われる。

 

 

⑵自己投資の時間の確保

 

この効果の中でも一番重要なのはやる気の上昇であろう。普段してたことをしてない分、余った時間は良い活力の投入口となる。

 

一日30分マスターベーションにかけていた人は一週間禁欲をしてみるだけで3時間30分も時間が余る。

 

一つ目の大きな効果はこれらの時間をより自分を磨くための時間へと変化させることで得られる自己成長だと思う。

 

運がよくなるという効果もここに原因があるのかと思う。

自己投資のため、またやる気の上昇のため行動回数が増えるため何かが起こる確率があがるのだと思う。

 

だから家でジッとしてるものとアクティブに動き回ってるものとで効果も変わると思う。

 

⑶数字の魔力

 

そしてあまり言及されないもう一つの効果は数字の魔力である。

 

禁欲日の数字の増加は自分が性欲と向き合えている時間と直結しているため、

数が多くなるほど自らのやる気や自信の源となる。禁欲期間が長くなればなるほどこの大きな数字を裏切ることもしづらくなってくる。

 

それに他のものと違ってオ○禁は成功したか失敗したかがハッキリとわかりやすいため

成功基準もわかりやすい。

 

例えば勉強を毎日するという目標でも

毎日5分勉強するのと12時間勉強するのとでは大分差があり、

多くの時間勉強しても質が低かったら意味は薄いものとなる。

 

しかしオ○禁であれば皆等しい基準がある。

それが私の考えるもう一つの大きな効果であると思う。

 

 

3 上手く活用するには

f:id:TORM1104:20191123115842j:plain

 

ただオ○禁をするだけでは効果は限りなく薄いと思う。

では何を並行したら行えばいいのか。

 

⑴ポルノ断ち

 

ポルノを見るのをやめることこれが一番並行して行うなかで重要なことである。

ではなぜポルノをやめる必要があるのか?

 

それはドーパミン受容体を正常に戻すためである。

今日、スマートフォンや PCの普及により簡単にネットでアダルト動画見れるようになった。

 

美女の裸や通常では有り得ないシチュエーションの動画、三次元で満ち足りないハードコアな部分は二次元で補ってくれる。

 

しかしもともと我々はそんな多くの興奮する機会を持ってなかった。そのため過剰すぎるドーパミンをポルノ視聴によって受容し、

それを受け取る受容体はどんどん増やされていくドーパミンの排出に慣れてしまい、より多くの量でないと満足できなくなってしまう。

 

要はバカになってしまった脳構造を平常に戻すことである。

オナ禁とポルノ断ちは二つで一つであり、プラスな効果を生み出すものではなく

マイナスであった状態を平常に戻す行為だ。

 

⑵筋トレやエクササイズ

 

筋トレやエクササイズはオナ禁の効果を高めてくれるためにも必須である。

 

空いた時間を筋トレ等に費やすことで身体も引き締まっていく。

何より運動することでストレスも解消されるため禁欲のイライラは多少解消される。

 

そして筋肉が徐々についていくことで自分に自信もつくし、ポルノを見てることもバカらしくなってくる。

 

ただ一個注意してほしいのは身体を鍛えると性欲は強くなる…

そのため性欲を抑える製品やアクションを起こすことでなんとか抑えてほしい。

 

⑶勉強や読書

 

勉強といっても数学や世界史などをやれと言うわけではない。自分が熱中できそうな興味のある分野を勉強しよう。

 

脳構造やサプリメントの効果について、歴史問題や美術品に関して…

 

なんでもいいからポルノよりも有意義で熱中できそうなことを探そう。

 

そうすることでポルノも見てない上に空いた時間何もしてなくて暇だからやっぱり抜こうなんてことになることを避けられる。

 

 

4 少しでも長く続けるコツ

 

f:id:TORM1104:20191123115907j:plain

 

⑴オナ減

今回毎日マスターベーションしてたけどオナ禁経験がない人。そういう人はまず完全に断つのが難しいと思うので徐々に回数を減らそう。

 

1日数回してた人は1日1回に、

毎日してた人は週数回にするようにしよう。

慣れてきたら土日に1回。

 

4週間もしっかりと継続できたら習慣化したと言えるだろう。

 

まずはポルノに過剰に浸る時間を減らして、刺激がないことに慣れることが重要だ。

 

 

⑵ネットとの付き合い方

 

オナ禁をするにあたってネットとの付き合い方は考えるべきことである。

 

今日ではアダルトサイト誘導への広告や性的表現を誇張しすぎた広告がありふれている。

せっかく禁欲をしているのに不意の広告で失敗するのは笑えない。

 

恐らく多くのリセット原因は広告であり、ネットを完全に見ない、無駄なネットサーフィンをしないなどの対策をとらないと防げない。

 

私が勧めるのはまずプライベートモード(検索履歴が残らない状態)で検索をかけないことだ。

 

検索履歴に残ると慣れば多少の抑止力にはなる。中高生なら尚更だ。

 

そしてもう一つオススメなのはネットサーフィンをする時間、趣味などの他の何かをする時間にあてることだ。

 

暇だからネットサーフィンするのだ。

することがある人は無意味に時間を消費することはしない。

 

また最近だと普通の広告でも大分性的なものもある。アダルト広告のみならずそのような広告もブロックしたい場合には以前の記事も参考になると思う。

 

torm1104.hatenablog.com

torm1104.hatenablog.com

 

 

⑶失敗の考え方

 

長く続けるうえで一番重要なのは失敗についての捉え方だ。

 

今までやったことない人が急にオナ禁を始めてみるとわかるが、はじめはそう上手くいかないと思う。

 

始めは数日、徐々に数週間、たまに数ヶ月持つようになってくる。

たまにいきなり数ヶ月禁欲できることもあるがそれは稀な例である。

 

これはオナ禁に限らず全てに共通していえることだが多くの人は効果を実感できる前に俺には出来なかった、意味がなかったといってやめてしまう。

 

実際はある程度継続してこそ意味があるものなのに2,3日しか続けられなくて萎えてしまうのは非常にもったいない。

 

そのため失敗を失敗と捉えるのではなく、次の挑戦への土台作りと考えよう。

 

もとから土台が作られている人はその上に多くを積み上げられるし、

土台がほとんどなくガタガタの人は上につめる量もわずかである。

 

当たり前のことであるが忘れがちなことだ。

 

 

⑷記録をつける

 

⑶で失敗を土台作りと考えてほしいと書いた。

失敗しても上に積み上げたものが次の土台の石居となる。

 

しかしただ失敗を繰り返していても土台は整わない。上にあったものがバラバラに崩れているだけなのだから次も土台はしっかりしていないままだ。

 

そこで重要なのがしっかりと失敗したそのサイクルに関して考えることだ。

 

何で失敗したか、どういう効果があったか、次も続ける必要があるかどうかなど

しっかりとブロックを整理整頓してこそ土台作りとなるのである。

 

別に誰にも見せる必要はないので自分のノートに書き込んだり、ブログで発信したりするのも良いと思う。

 

とにかく

挑戦→成功or失敗→理由を考える→改善点を考える→次に活かす→再度より良い記録を目指して挑戦をする

というサイクルが大切となる。

 

 

5.性欲減退?ノコギリヤシと豆乳について

 

f:id:TORM1104:20191123115944j:plain


オナ禁を続けているとどうしても性欲の波が来る。そんなときに性欲を減退させるようなサプリメントがあるかどうか気になるだろう。

 

検索をかけると出てくるのは主に二つ。『ノコギリヤシ』と『豆乳』である。

 

(1)ノコギリヤシ

 

ノコギリヤシは主に頻尿や前立腺肥大症に効果のあるサプリメントである。

 

前立腺肥大症は前立腺が過度にテストステロンを取り込むことで起こるものであり、ノコギリヤシはテストステロンの受容を妨害する効果がある。

 

その点ではある程度効果があると思うが性欲減退に関しては少し微妙な気がする…

 

(2)豆乳

 

豆乳も性欲を減らすには効果的だと言われているがどうであろうか。

 

噂によると豆乳に含まれるイソフラボンが女性ホルモンであるエストロゲンと似たようなはたらきをするため男性ホルモンの活発化を妨害すると言われている。

 

しかし、別のサイトを覗いてみると逆に性欲アップにおススメだと書かれている。どういうことだろうか。

 

そこで女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが男性の性欲に及ぼす影響について調べてみた。

 

ある研究では女性ホルモンが減少すると男性は性欲もなくなり、腹回りの脂肪も増えてしまったという結果があった。

 

要は女性ホルモンが増えると男性ホルモンも活発化するということだ。

 

豆乳が我々に与えてくれる効果はこれだけではない。

 

豆乳に含まれるビタミンやサポニンが美肌に効果があり、また大豆イソフラボンも肌の老化防止や抗酸化作用があるらしい。

 

また低カロリーでもあるため筋トレと同時進行しながら肌を綺麗にしていきたいと思うオナ禁者には有効な一手だと思う。

 

 

6.リセット時の損害を最小限にする対応

 

f:id:TORM1104:20191123120003j:plain

 

多くの人にとってオナ禁は永遠に続けられるものではない。

 

必ずリセットするときがくるため、そのとき被害を最小限にする3つの方法をご紹介しよう。

 

(1)亜鉛

 

亜鉛の主な働きは細胞内での情報伝達や酵素の働きを活発化させることである。

 

正常な味覚を維持したり、酵素による化学反応を安定して起こすためには亜鉛は欠かせない。

 

しかし射精をすることにより多くの亜鉛が放出される。そのため亜鉛のサプリを使ってリカバリーして欲しい。

 

亜鉛は精子量を増やしてくれるという話もあるがあまりその話に信憑性はなく、むしろ前立腺や精液に害をもたらす可能性もあるという話もまたある。

 

これも放任主義で申し訳ないが体質と相談して服用してほしい。

 

(2)筋トレ

 

オナ禁中に筋トレしていた場合は必ず継続してほしい。

 

オナ禁もリセットしたから筋トレもリセットするという意識では続かない。

筋トレは継続して行い、テストステロンの量を多く放出できる状態を少しでも維持しよう。

 

 

(3)睡眠

 

射精というものは我々が思っているより体力を消耗する行為である。

 

また新たな精子を再製造するためにも体は多くの栄養を使ってフルスロットルで働く。

疲れているうえにリセットからのネットサーフィンで夜更かしをしたら悪循環である。

 

抜いたら潔く寝よう。次なる挑戦に備えて英気を養おう。

 

 

いかがだったろうかオナ禁のすすめ。

少なくとも私は効果を感じたことがあるものの一人であるため是非一人でも多くこのメリットを享受してもらいたくてこの記事を書いた。

 

ただ体質によってはやはり合う合わないがあると思うので無理をしないでトライするかどうか決めて欲しい。

 

またこの記事は書くべきことが増えたり新たに書けそうなメリットや根拠が出てきたら随時更新していく予定だ。

 

本記事が役に立ったら是非下のブログランキングバナーをポチッと押して欲しい。

 

ついでにツイッターもフォローしてくれると一同満面の笑みだ!

 

 

(現在みなさんのお陰で学生/高校生カテゴリで一位をとれています!)

 

 

Twitterはこちら

twitter.com

follow us in feedly

スポンサーリンク